contents

おおいた国体結果と様子

   第63回国民体育大会秋季大会レスリング競技 

日時:平成20年9月28日~29日 フリースタイル

          9月30日~10月1日 グレコローマンスタイル

場所:佐伯市総合体育館

 今年の国体には、少年の部に7人中6人の選手が本稿レスリング部員、成年の部においては全選手が本校レスリング部OBという島前高レスリング部一色でした。結果と様子は以下の通りです。 

                          

[少年の部]
●フリースタイルの部
  50kg級 堀川遼太郎(隠岐島前)…2回戦敗退
  1回戦 シード
  2回戦 判定負0-2(1-5/0-4)
            対戦相手=高田裕太(奈良・大和広陵高校)

 60kg級 青山大助(隠岐島前)…1回戦敗退
  1回戦 フォール負 (0-4)
      対戦相手=西口佳孝(和歌山・南部高校)

 84kg級 佐伯大介(隠岐島前)…2回戦敗退
  1回戦 シード
  2回戦 テクニカルフォール負 (0-7/0-7)
            対戦相手=酒井文雄(石川・金沢市立工業高校)

●グレコローマンスタイルの部
  55kg級 上村俊介(松江工業)…1回戦敗退
  1回戦 フォール負 (0-4)
            対戦相手=中村裕貴(岩手・宮古商業高校)

  66kg級 渡辺拓磨(隠岐島前)…1回戦敗退
  1回戦 判定負0-2(0-5/0-3)
            対戦相手=島貫健大(山形・米沢工業高校)

  74kg級 宇野 貢(隠岐島前)…2回戦敗退
  1回戦 シード
  2回戦 判定負0-2(0-3/2-4)
      対戦相手=川崎仁嗣(和歌山・紀北工業高校)

 96kg級 向井涼太(隠岐島前)…1回戦敗退
  1回戦 判定負0-2(2-4/0-6)
            対戦相手=齋藤大輔(青森・光星学院高校)
    第63回国民体育大会秋季大会レスリング競技

                         [成年の部]
●フリースタイルの部
 60kg級 大上一紀(中京学院大学)…2回戦敗退 ※本校OB
 1回戦 判定勝2-0(1-0/8-0)
     対戦相手=三浦正之(北海道・山梨学院大学)
 2回戦 フォール負(2-6/0-3)
     対戦相手=大澤茂樹(茨城・山梨学院大学)
     ※今大会優勝者

 74kg級 河内龍馬(松江工業高校)…1回戦敗退 ※本校OB
 1回戦 判定負0-2(0-4/0-8)
     対戦相手=奈良部嘉明(茨城・山梨学院大学)

 84kg級 池田秀作(松江養護高校)…1回戦敗退 ※本校OB
  1回戦 判定負0-2(0-2/0-3)
      対戦相手=裾分隆二(鹿児島・JA高山)


●グレコローマンスタイルの部
66kg級 大上知紀(徳山大学)…2回戦敗退 ※本校OB
 1回戦 シード
 2回戦 判定負0-2(0-6/0-5)
     対戦相手=西田哲人(鹿児島・川内自衛隊)

120kg級 亀原宏明(大東文化大学)…2回戦敗退 ※本校OB
  1回戦 シード
  2回戦 判定負0-2(0-5/0-3)
            対戦相手=入江泰久(栃木・神奈川大学)
           
 

残念ながら今回の国体では成年・少年共に入賞者がいないということで、レスリングの総合成績は47位と最下位になってしまった。
(平成11年の熊本国体以来である。)

大会の様子:

 鳥取県との国体強化合宿を経て、国体入賞を目標にチーム島根として一つになって大分県に乗り込みました。今年の国体から成年と少年が一緒の会場で行われるようになり、いつもと違った雰囲気の中行われました。会場は、新しくて非常に広く、後半の国体では弓道と軟式野球の会場にもなっていました。もともと国体は、フリーとグレコに分かれて、それぞれの日に行われるようになってます。それぞれの試合がある時は、試合のない者がサポート役に徹し、試合に出場する選手が試合に集中できる環境を作るようにしました。また、遠い地にもかかわらず、保護者の方、島根県の役員関係の方々、本校の卒業生が応援に駆けつけていただき、選手一同心強く感じ試合に臨むことができました。結果は、残念ながら少年は一勝も挙げることなく終わってしまいました。選手全員が技を掛けようと必死に努力しましたが、相手に合わせる内容になってしまったのが大きな敗因です。また、体力の面でも全国レベルに比べ低いことが分かりました。しかし、国体から帰島した際に自分のクラスにお土産を買ってくるなど、精神的に成長した部分を見ることができました。今回得た経験を3年生は進路の面、2年生は今後の活動に活かし、自分たちの目標を達成させたいと思っておりますので、引き続きご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。