contents

県新人戦&県選手権大会結果



平成21年度島根県高等学校新人レスリング選手権大会兼 



全国高等学校選抜レスリング大会県予選大会



日時:平成21年11月7日



場所:松江工業高校 格技場


 団体戦 第1位(16年連続22回目)
%E7%B7%B4%E2%85%A0.JPG
 


個人戦 50㎏級 寺澤一将 第1位



 個人戦 55㎏級 井塚 光 第1位 



個人戦 60㎏級 渡辺裕貴 第1位1回戦 藤田将貴(隠岐島前高校)テクニカルフォール勝 



個人戦 60㎏級 藤田将貴 第2位



1回戦 渡辺裕貴(隠岐島前高校)テクニカルフォール負 



個人戦 66㎏級 吉田 晋 第1位1回戦 坂田壮大(松江工業高校)判定勝(2対1)
%E7%B7%B43.JPG
 



個人戦 74㎏級 山本貴也 第1位



1回戦 敷 貴久(隠岐島前高校)判定勝(2対0) 



個人戦 74㎏級 敷 貴久 第2位1回戦 山本貴也(隠岐島前高校)判定勝(1対2) 



個人戦 120㎏級 宇野信之 第1位



 



  平成21年度島根県レスリング選手権大会日時:平成21年11月8日場所:松江工業高校 格技場 



 



個人戦 50~60kg級 渡辺裕貴 第3位
%E7%B7%B4%E2%85%A1.JPG



1回戦 シード2回戦 藤田将貴(隠岐島前高校)判定勝(2対0)準決勝 中村英史(銀ギン)フォール負 



個人戦 50~60kg級 井塚 光 2回戦敗退


1回戦 諫山竜万(くにびきファイティング) 棄権勝2回戦 中村英史(銀ギン)フォール負 





個人戦 50~60kg級 藤田将貴 2回戦敗退



1回戦 シード2回戦 渡辺裕貴(隠岐島前高校)判定負(0対2) 



 個人戦 66~74kg級 渡辺拓磨 第1位



1回戦 敷 貴久(隠岐島前高校)フォール勝2回戦 佐伯大介(隠岐島前高校)判定勝(2対0)決勝戦 青山大助(隠岐島前高校)判定勝(2対1) 
%E3%81%A1%E3%81%B3%E3%81%A3%E5%AD%90.JPG



個人戦 66~74kg級 青山大助 第2位



1回戦 シード


2回戦 山崎剛士(銀ギン)判定勝(2対0)


決勝戦 渡辺拓磨(隠岐島前高校)判定勝(1対2)


 


個人戦 66~74kg級 佐伯大介 第3位



1回戦 シード2回戦 門田 剛(銀ギン)判定勝(2対0)準決勝 渡辺拓磨(隠岐島前高校)判定勝(0対2)  個人戦 66~74kg級 山本貴也 2回戦敗退1回戦 吉田 晋(隠岐島前高校)判定勝(2対0)2回戦 山崎剛士(銀ギン)判定負(0対2) 



 個人戦 66~74kg級 敷 貴久 2回戦敗退
%E3%81%A1%E3%81%B3%E3%81%A3%E5%AD%90%EF%BC%92.JPG
1回戦 瀬尾達也(松江工業高校)棄権勝2回戦 渡辺拓磨(隠岐島前高校)フォール負  



個人戦 66~74kg級 吉田 晋 1回戦敗退1回戦 山本貴也(隠岐島前高校)判定負(0対2) 



個人戦 84~120kg級 向井涼太 第3位1回戦 池田秀作(隠岐養護学校)テクニカルフォール負2回戦 福田英樹(くにびきファイティング)棄権勝3回戦 恩田裕也(隠岐島消防署)フォール負 



◎大会の様子



 昨年度から県高校新人戦と、今まで2月に行われていた県選手権が同時開催となり、2つの大会に参加できるようになりました。新人戦の方は、学校対抗戦出場校が本校のみで、個人対抗戦は8名のみの出場という寂しい大会となりました。しかし、中国、全国へとつながる大事な大会でもありますので、練習試合も含めて中国、全国へつながる試合内容になるよう緊張感を持って試合に臨ませました。当日は、本校OBも駆けつけてくれ心強く試合に臨むことができました。内容的には、今まで練習したことを出す場面も見られましたが、周りで応援している者の声が小さい等、自分たちの課題も見つけることができました。



 県選手権の方は、今年度から3年生も出場できるようになり、幼年から一般まで選手数約100名、役員、応援者を含めると200名を超えるという新人戦とは対照的な県内大会となりました。前日の会場設営から当日の役員、片付け等まで、島根県全レスリング部員で一生懸命行い、レスリングを通じて友情の輪が広がったように思います。試合の方は、レスリングOBが多数参加し、いつもと違った雰囲気で行われました。一般の方のレベルの高いレスリングを肌で感じることができ、大変良い勉強になったと思います。また、これだけ盛り上がった県内大会を経験ができ、これからの活動の励みにもなったと思います。今回の遠征で得た経験を1・2年生は次の大会へ向けて、3年生は今後の進路先で活かすためにも、今まで以上に練習はもちろんですが、私生活、勉強ともに力を入れて取り組んでいかなければならないことを感じたと思います。今後、より一層の努力をしていきたいと思っておりますの。