contents

JOCジュニアオリンピックカップ

日本ジュニア大会3位入賞!!

JOCジュニアオリンピックカップ

2009年度全日本ジュニアレスリング選手権大会 

日時:平成21年4月23日(木)~27日(月)

場所:横浜文化体育館 

%E4%BC%9A%E5%A0%B4%EF%BC%92%E5%B0%8F.JPG

カデットの部(16歳以下)

個人戦 58kg級フリー 渡辺裕貴 2回戦敗退

個人戦 69kg級グレコ 渡辺拓磨 第3位 

ジュニアの部(17歳以下)

個人戦 120kg級フリー 宇野信之 2回戦敗退

隠岐養護学校 

%E6%8B%93%E7%A3%A8%EF%BC%93%E5%B0%8F.JPG %E8%A3%95%E8%B2%B4%EF%BC%91%E5%B0%8F.JPG

◎遠征の様子 

 今大会は男子と女子でそれぞれ、ジュニア(20歳以下の部)、カデット(17歳以下の部)と分かれ、スタイル別(フリー・グレコローマン)で行われました。参加人数も全国大会の中で一番多く、大学生を含め1,000名を超える大規模な大会でした。会場は広く、6面のマットが敷いてあり、試合当日は朝早くからアップ練習に一生懸命取り組んでいる選手で溢れていました。島根県からは本校と隠岐養護学校の生徒3名のみの出場でした。鳥取県も3名のみということで、計量から試合に至るまでの行動をお互いに試合に集中して取り組めるよう協力し合って行いました。試合の方は、待ち時間が長く、初日は渡辺裕貴君の2試合だけでした。残りの二人は、1回戦シードということで2日目からの試合でした。試合内容の方は、普段の練習で取り組んできた成果を出した者、逆に相手に合わせてしまい、自分のレスリングができないまま終わってしまった者と様々でしたが、3年連続で入賞者を出すことができました。この結果は、普段、部員全員で一生懸命取り組んできた成果でもあり、部員全員の自信にもつながったと思います。そして、自分たちもやれば出来るという確信が持てたと思います。しかし、最後まで勝ち続けることができなかったのは強い精神力と基礎体力の差でした。引き続き、高校生の本分である勉強に取り組ませ強い精神力を身につけるとともに、今まで以上に練習に励みたいと思っています。