contents

第25回全国高校生グレコローマンスタイル選手権大会出場

25回全国高校生グレコローマンスタイル選手権大会

 

%E5%B0%8F%E9%9D%92%E5%B1%B1%E5%BF%85%E6%AD%BB%E3%81%AE%E6%94%BB%E6%92%83.JPG

 

 

期日:平成21年8月17日(土)~19日(水)

場所:佐倉市民体育館(千葉県佐倉市)

 

 

個人戦 55kg級 渡辺裕貴 1回戦敗退

1回戦 山田礼陽(花咲徳栄高校) 判定負(0-2)

 

 

個人戦 55kg級 井塚 光 1回戦敗退

1回戦 大平桂太郎(多度津高校) 判定負け(0-2)

%E5%B0%8F%E3%82%BB%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%B3.JPG

 

 

個人戦 60kg級 青山大助 1回戦敗退

予備戦 成富強志(花咲徳栄高校) 判定勝ち(2-0)

1回戦 川瀬克洋(いなべ総合学園) 判定負け(0-2)

 

 

個人戦 66kg級 渡辺拓磨 2回戦敗退

1回戦 川村俊介(大和広陵高校) 判定勝ち(2-1)

2回戦 阪本卓眞(熊野高校) 判定負け(1-2)

 

%E5%B0%8F%E6%B8%A1%E8%BE%BA%E6%8B%93%E7%A3%A8%E5%BF%85%E6%AD%BB%E3%81%AE%E6%94%BB%E6%92%83.JPG

 

 

個人戦 84kg級 佐伯大介 1回戦敗退

1回戦 大隈 翔(東京実業高校) 判定負け(0-2)

 

 

個人戦 96kg級 向井涼太 2回戦敗退

1回戦 河合大輔(橿原学院高校) テクニカルフォール勝ち

2回戦 大平統馬(高松農業高校) 判定負け(0-2)

 

 

 

 

「遠征の様子」

今大会は各階級70名以上、全国から600名以上の選手・監督が参加し、オリンピックと同じように前半に5066kg級、後半に74120kg級の試合をし、決勝進出者に敗れた者が敗者復活戦(3位決定戦)にまわるという形式で行われました。今回も地元の島前高校の関係者の方々やOB等が応援に駆けつけて下さり、選手一同心強く試合に臨むことができました。また、インターハイでの反省を活かし、個人戦ではありますが、団体戦のように全員で戦う姿勢で臨みました。試合がある選手に対し、その選手が持っている力を出すことができるよう、お互いに気を配りながら生活をし、選手が試合に集中しやすい環境をつくることができました。そのかいあって、それぞれの選手たちが自分たちの持っている力を試合で出すことができ、今後の大会に向け、課題を明確にすることができました。次の大会へ向け、明確となった課題を一つでも多く克服し、3年生は3年間の集大成となるよう、2年生は今後の大会へ良い方向でつなげれるよう努力していきます。

 

 

「一時の休養」

 島の子供たちは島外へ行く機会が少ないです。いい機会でもありましたので、大会が終わってから、フジテレビとディズニーシーへ観光に行きました。移動中に見える東京タワーや高層ビル等を見ても興奮を抑えきれず、思わず携帯で写真を撮る者もいたり、大はしゃぎをしながら一時の休養を楽しむことができました。 %E5%B0%8F%E5%87%BA%E7%99%BA%E5%89%8D.JPG

%E5%B0%8F%E3%83%95%E3%82%B8%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E5%89%8D.JPG

 

 

~少し感動のお話し~

集合時間には、全員がそろい興奮冷めやまない様子でした。観光や買い物等の話を聞いていると、何と遠征に行けなかった部員のお土産をみんなで購入していたのです。人と人の関係の中でも大切な「仲間を思う気持ち」が育っていることに感銘を受けました。レスリングを通して、人として育っていることに確信を感じながら、次大会で活躍する選手の姿が頭をよぎりました。
%E8%A6%8B%E9%80%81%E3%82%8A%E3%81%AE%E6%A7%98%E5%AD%90.JPG%E5%B0%8F.jpg