レスリングの競技の魅力

体の大きさは関係ない!

階級制なので自分にあった条件で試合することができます。
男子→50・55・60・66・74・84・96・120kg
(17歳以下の大会では39~42・46kgもあります。)
女子→40~44・48・51・55・59・63・67・67~72kg
(17歳以下の大会では36~38kgもあります。)

力が弱い、足が遅い、体力がない等こういうことは関係ない!

レスリング技は、100以上のものがあり、自分に合った技で自分流のレスリングを作ることができます。究極の奥義は、相手の力をいかに利用するかです。


高校生から始めても全国で活躍できる!

全国のほとんどのレスリング選手は高校から始めているので、高校在学中でで十分間に合います。中には1年生から活躍する人もいます。また、大学から始めて、全日本チャンピオンになった人が何人もいます。

努力が結果につながりやすい!

競技人口が他のスポーツ競技に比べ少なく、しかも、個人競技なので、自分が努力したことが結果につながりやすく、充実感を味わえることができるのです。

格闘技の中では一番安全性が高い!

レスリングは、体操用マットが72枚敷き詰められた上にキャンパスを敷いた場所で行われます。ですから、投げられたり、タックルに入られて倒された時でも全く痛くありません。現に、クラブで幼児から始める子もいます。


運動能力が高くなり、病気や怪我が起きにくい身体!

レスリングは、全身運動ですので、身体全体を鍛えることができます。また、マット運動も取り入れられているので、柔軟性やバランス感覚などが培われます。自然と体力がつき防衛能力も高くなり、病気や怪我が起きにくい身体になるのです。